あなたのパソコンも危険!?見慣れないExcelやzipファイルを使ったなりすましメールが増加中

先日SUICHへ、ウイルス感染に関するご相談を頂きました。

最近増加しているなりすましメールとは?

その内容に関して、
ウイルス感染してしまったパソコンに残っている
送信履歴を利用して、無作為になりすましメールを送信。

SUICHにご相談頂いたウイルスメールの例

実際に届いたメールの内容

差出人の名前も履歴の署名などを利用していたり
ご相談頂いたメールの内容を確認したところ、あたかも受信者が送ったメールに
対しての返信のようにも取れるような不信感を抱きずらい内容になっております。

さらに添付ファイルはパスワードを付けることが出来る
ZIPファイルを利用することで、
セキュリティ検知を強引にすり抜けるといった
非常に悪質な事例も確認出来ました。

なりすましメールの経路

感染経路

こちらの被害は、ウイルスセキュリティソフト【ウイルスバスター】
制作しているトレンドマイクロ株式会社などでも確認、
内容も極めて悪質であると紹介。

同社によると、現在猛威を奮っている詐欺メールの疑いがあるとし、
実在する企業や組織、メールソフトの履歴から
その人物を装ってメールを無差別に送信、
受信者がそのメールに送付されているファイルや
URLをクリックすることで感染被害が拡大する事例が報告されています。

そこで、同じようなことが起こった時、
または怪しいメールが届いた時、
さらには【ファイルやリンクを開いてしまった!】といった時に
するべき対処と今後注意すべきポイントをご紹介いたします。

まず、現時点で確認すべきポイントがあります。

確認すべきポイント
  • 身近な方から【貴方から身に覚えのないメールが届いている】
    といった連絡が来ている

  • 最近パソコンの調子がおかしい、画像が表示されなかったり
    インターネットの調子が悪い

  • メールに添付されたファイルを開いたけど何も表示されなかった

  • 届いたメールに返信してみたけど、返答がなく、
    差出人アドレスをよく見たら全くの別人だった

このようなことが起こっていたら危険です。
ウイルス感染している可能性がありますので
今すぐウイルス対策をしてください。

ウイルス感染時の対処

ウイルス感染時の対処
  • ネットワーク(インターネット)から切断する
  • ウイルススキャンを専用ソフトで実行し、感染したウイルスの特定をする

    クイックスキャンではなく、フル・完全スキャンを行ってください。

  • 駆除方法の調査と駆除の実施
  • 駆除後の再ウイルススキャン、以降は定期的に実施
  • 感染したPC以外から、現在契約しているユーザー情報やPWを変更する

感染しないための注意すべきポイント

感染しないための注意すべきポイント
  • 身に覚えのないメールに添付されたファイルは絶対に開封しない。

    分からないからと言って、本文に記載のURLをクリックしたり、
    そのメールに返信したりしてもウイルス感染する原因になります。

  • メールアドレスを必ず確認しましょう。

    差出人の名前が身に覚えのある者(取引先や知り合いなど)でも
    全く異なるアドレスで送られてくることもあります。

  • 自身が送信したメールに対して、あたかもその返信のように送られてくる場合があります。 送信内容に身に覚えがない場合、高確率でなりすましメールです。

  • 万が一ファイルをダウンロードしてしまった際、
    ファイルを開くと警告【セキュリティに関する通知】がポップアップ表示
    されましたら、非常に危険なファイルの可能性が高いです。

    「マクロを有効にする」「コンテンツの有効化」というボタンはクリックしない。
    また、メール・添付ファイルの閲覧中に怪しい警告ウインドウが表示された際や
    その警告の意味が分からなければ、操作を中断し、ファイルやメールを削除してください。

Microsoft Excelのセキュリティに関する通知ダイアログ

Microsoft Excelのセキュリティに関する通知ダイアログ。
こんな画面が出たら非常に危険・注意してください。

だまされないための心得をご紹介いたしました。
もし、身に覚えがある項目がありましたらあわてず対処しましょう。

※この記事は制作時の情報をもとに作成しています。